sing a song

PBCサイトPetitで動かしているソニア、サイラス背後が拙い文を晒す場所になります。暇つぶしになれば幸いでございます。

年越し前のご挨拶と軽いお話。(追記あり

この時はお仕事やらなんやらと色々と忙しない状況と思われるので、事前に綴ったものとなります。

ペティットでお世話になった方々にご挨拶をしたいなぁと思ったのですが、普通にご挨拶文だけ載せるのも味気ないなと思いまして。簡単なソニアのSSを綴りました。恐らくソニアに興味ない方にはつまらないものかもしれませぬが暇つぶしになればと思います。

 

 

========
SMILE


部屋の大掃除を終えて汚れた身体を風呂に入り綺麗にした。風呂上がりの濡れ髪をタオルで拭き取りながら室内に取り外すのを忘れていたクリスマスリースに気づく。微笑を浮かべながらクリスマスリースを取り外し傍のテーブルに置いた。

「もう、一年も終わるわね。」

年越し前の静かな空気感。桜花辺りではこの時期は師走と言ったか。忙しい時期も落ち着いたこの穏やかな時間がとても好きだ。湯上りの冷え始める身体を温めようとお茶を用意することにした。温紅草と香り高いカモミールとのブレンドティー。手近なストールを身体に纏いその茶を飲めば冷え性の身体も温まり始める。
ハンドクリームを手に取り塗りながらふわりと薫る雪の香りに自身の産まれた北の国を思い出す。雪のよく降る寒い国。記憶を巡らせていたときに小さく胸が痛み出すのはいつもの事だ。未だに憧れ縋る気持ちが離れない父と母。悲嘆したくなる感情が襲えば無理矢理にでも笑顔を作る。


『どうして、シスターはあんなに嫌なことを言われても笑っているの?私ならすごくむかついちゃう。』

『ふふ、私も怒りたくなることも泣きたくなることも勿論あるわよ?でもね、そんなときでも明るく笑顔を向けることで悲しく辛い思いをしている人をお救い下さいって神様にお祈りしているの。だから笑顔を忘れないのよ?』


昔にした孤児院でのシスターとのやりとりを思い出す。私が信心しようと思ったきっかけ。疲れたときでも泣きたくなるときでも、笑顔を忘れない。笑顔を浮かべていることで救える何かがあることを信じている。
マグカップの茶の中に映り込む自身に視線を落とすと柔らかく笑う。

「素敵な一年をありがとう。来年も、素敵な一年になるわ。」

誰にともなく一人零す。この先泣かない自信も弱音を吐かない自信も決してないけれど、最後にはやはり笑顔を忘れない自分だけは信じて。

 

おわり

========

 

 

本当に軽い小話です。ここまで閲覧下さった方、ありがとうございます。

後書きですが、このお話には元ネタがございます。ご存知の方もいるかもしれませんがマザーテレサの逸話の一つです。マザーが雑誌や記者、野次馬などの一斉に焚かれるフラッシュの嵐に嫌な顔一つせずに笑顔を浮かべてニコニコしていたのですが、後ほどに

「シスター、私はフラッシュがひとつたかれるたびに、
死にゆく魂が神様のみもとに
安らかに召されるように
神様と約束をしてあるのです」

と話したのです。

マザーの名言はどれも心打たれますが、この逸話もとても素敵です。

このお話を知ったのは渡辺和子著作の「置かれた場所で咲きなさい」からです。

 

 

拙いお話を載せつつ、来年もペティットを思い切り楽しみたい背後でございます。

今年はありがとうございました!

良いお年をお過ごしくださいませ!

 

 

ここから追記。

日記書く時間ないと思ったら割とあったよかった。

ソニアさん、ペト6外れてしまいましたねぇ。でも一口で当たる方が難しいというもの。と一人納得していたら一口でミストさんが当てていた!すごい!!

他にも当たった方々おめでとうございます!!

今年も残りわずかですが、素敵な年越しとなりますように。