sing a song

PBCサイトPetitで動かしているソニア、サイラス背後が拙い文を晒す場所になります。暇つぶしになれば幸いでございます。

年越しのご挨拶。

晦日ですので、去年、一昨年もやったSSを綴ってみようかなぁというものです。暇つぶしにどうぞ。

 【思案色】

 

 

夢見る羊亭はいつも忙しないが、今日は少し静かだった。年越しの落ち着いたしんとした空気感がこの宿にも感じられる。ロビーでいつもより少ない人を視界に移しながら、ぼうと物思いに耽る。愛猫の黒猫ムスタも今はキャットタワーに夢中になっているから邪魔は入らない。

ぼうとしていた視線が、テーブルへと落ちた。そこには白い便箋と濃紺の封筒、その傍らに金のペン先の紺色の万年筆と魔力インクがある。途中まで綴られた男性的な筆致、その余白を見ては、小さく息を吐いた。

 

「……シスターに、綴るものが…ソニアしかない。」

 

このインクは己の気分によって色が変わるものらしく、事実、途中まで綴られた文字色は鮮やかな緑をしていた。己の中で妹のイメージのある色。内容も妹が以前に連れてきた彼女と同居を始めたといった報告の類、その内容が尽きて、己のことに振り返れば、自身には何もないことに気づく。また、息を吐いた。

最中に、伝え石の反応を感じた。その相手に気づき、意識を切り替える。

 

「ーーもしもし、兄さん?」

「…ああ。どうした?」

「えっと、どうしているかな?って…。」

「変わりない。体調も、仕事も、常のものだ。」

 

ソニアの聞きそうなことを一息ですませる。『体調はどう?』『仕事は?無事に帰ってくる?』幼少期から聞かされてきたこのやりとりだ、もう慣れている。そして、返ってくる答えも分かっている。『そう、よかった。』だ。妹の吐息の音を拾いながら返事を待ってーーー。

 

「あのねぇ、兄さん?いっつもその答えやめてくれる?絶対に何もないことなんてないでしょう?一つくらい何かはあるでしょう?どうしていつも通りなの?どうしていつもいつもいっつもーーーーー」

 

予想と違った。双眸が瞬く。まくしたてるような妹の物言いと剣幕に押されてしまう。

 

「私には、辛いって言ってくれないの?!」

 

その言葉を言って、妹は黙った。呼吸の乱れが感じられる。その言葉を聞いて、驚いたものがあったのだが、もう一つ。

ーーー成長、したのだな。ここまで、生きてこられたのだな。

己に気遣いなど出来なかった妹の姿に、瞼を伏せれば幼き北の国の記憶が蘇る。口元が、笑んだ。

 

「大事ないのだから、仕方ないだろう、ソニア。」

「……どうして、違う…、」

「…ソニア?」

「兄さんの馬鹿!!!!!!!」

 

あまりの声量に伝え石がビリビリと振動した。急に怒りだした妹の様子が分からず会話を一方的に打ち切られた伝え石をぼうと見やる怒らせるような言動をしてはいないはずだが、何が気に食わないのだろうか。反抗期の名残?不機嫌だった?思案を重ねるが、分からない

 

「女性とは、やはり難しい。……シスターなら、分かるだろうか。」

 

紺色の万年筆を手に取ったインクにペン先を付けては紙面に走らせる。そのインクの色は、少しだけ青が混じったシアン。内容はソニアの相談だ。よく分からないが俺に怒っている。そんな始まりから綴られた男性的筆致が余白を埋めていく

 

『男の子は、強くないと駄目よ。才蔵。』

 

ふと、幼き日に母がよく言っていた言葉がよぎる。双眸を細めた。

分かっている俺は、男として、兄として、父として、強きもので居続ける。それは…ずっと、これからも、変わらない

ペンの走る音が静かに鳴り、年越しの時間の中でそれがやけに耳に残った。

 

 

Fin.

 

================

あとがきです。

いつも年末にやる振り返りのSSなのですが、背後自身も振り返りながら即興で書いているので物語として起承転結が出来ているのか心配になってきました。とりあえず、ソニアは話が落ち着いているのでサイラス視線の年越し振り返りです。
日本人なら誰でも言われてきたであろう台詞。『男の子だから強くいなさい。』でも、男性の強さとは肉体的な強さであって、精神的に強いのは女性なのかもと思う昨今です。男は肉体的に強い代わりに、優しい。女は肉体的に弱い代わりに、図太い。美輪明宏さんの言葉ですが、確かになぁと思う。夫は妻が先に逝かれたら立ち直れない、妻は夫のそんな心を知っているから長く生きたいと思う。だから、女性の方が寿命は長い。そんな話もある。

サイラスの中で強きものとは、きっと絶対的な父性であるけれど、ソニアを守るための父性を求め続けたサイラスが『ソニアは大丈夫。自分のことを考えて。』と言われたときに己には妹以外何もなかったことに気づく。空の巣症候群のような状態。それが今のサイラスであり、これからの課題です。

来年はサイラスにフォーカスを当てて行きたいなぁと思いつつ、ソニアにもサイラスとの向き合いをしてほしい。

 

本年もソニアやサイラスと交流を頂けたこと、そして、背後交流もさせて頂けたこと、本当に嬉しく思います。来年は波乱の年になりそうだなぁと思いつつ、またペティットで皆様にお会い出来たらとても嬉しいです。ありがとうございました。良いお年を。